機体解説

「V作戦」によって地球連邦軍で作られた初のモビルスーツの一つ。ビーム兵器を最初に搭載し、他のRXシリーズと互換性を持つコアブロックシステムを採用している。
アムロ・レイによって一年戦争で大戦果を揚げ、ジオン軍に「連邦の白い悪魔」と恐れられていた。今後の連邦軍製モビルスーツのフラッグシップ機となる。

スペック / 性能

形式番号:RX-78-2
名称:ガンダム [GUNDAM]
タイプ:汎用試作型モビルスーツ
主なパイロット:アムロ・レイ
頭頂高:18.0m
本体重量:43.4t
全備重量:60.0t
ジェネレーター出力:1,380kw
スラスター総推力:55,500kg
センサー有効半径:5,700m
装甲材質:ルナチタニウム
製造:ジャブロー
武装:ビームライフル、ビームサーベル(ビームジャベリン)x2、60mmバルカン砲x2、シールド、ハイパーバズーカ、ガンダムハンマー、ハイパーハンマー、スーパーナパーム、他

機体参考動画